青山カード

AOYAMAライフマスターカード

青山カード 解約 タイミング

青山カード

 

解約 タイミング

 

青山カードを解約するには?

 

手続メソッドと注意すべきポイント整理

 

クレジットカードを解約するのは想像以上に手っ取り早くですが、

 

押さえるべき秘訣を見逃したり、機会を誤ったりすると、考えもしなかった

 

トラブルが生じてしてしまう懸念もあります。

 

青山カードのキャンセルについて「青山カードだけどあまり使わなくなっちゃったな……。」

 

あれだけ使っていた青山カードも、財布の中に眠っていたりしませんか?

 

このところ、洋服の青山に行かなくなった」「青山ライフスタイルマスターカードを作ったけど、

 

結局使ってない」「青山カードを作ろうと思ってるけど、直ちにに取り止め可能なかな」

 

青山ライフスタイルカードは持っているだけで「洋服の青山」での調達が安価になります。

 

ご用心

 

お申込み手順用の書類、そして別途完了通知(書類・Eメール)の発送はございません。

 

カードを脱会すると、今現在までのLIFEサンクス着目点は全部無効となります。

 

ライフカードの解約整理!

 

ライフカードの解約で挫折しないための注意すべきポイントを一挙公開

 

ライフカードは年会費フリー、即日発行できるがチャームポイントのクレジットカードです。

 

高いポイント還元率を誇示し、イベントや誕生月ボーナスを使用するとそして安上がりに

 

ポイントを貯める事ができます。

 

そのようなライフカードですが、ライフカードを解約したいと思った事例、

 

どれほどの手法があるかご存知ですか?

 

加えて、キャンセル前に見定めしておかないと損をしてしまう事もあるんです。

 

このページでは、ライフカードのキャンセルメソッドからキャンセル前に参考にした方がよいポイント、

 

キャンセルをする事で悪い面となる事までわかりやすく紹介しています。

 

ライフカードの解約メソッド!

 

3つのステップを踏もう

 

ライフカードの解約申込み手順自体は大いに手間なくです。

 

解約技術は「電話」のみですが、余分な書類の提示などもなく電話連絡のみで完結します。

 

インターネットからはキャンセルする事ができない悪い面もありますが、上述のマネ会の活用者の

 

生の声にもあるように、電話一本でスピーディに解約申込み手順が可能なのは大きな良い面です。

 

それでは、ライフカードのキャンセルの詳細についてご解説しましょう。

 

ライフスタイルカードのキャンセルの工程は以下の3ステップです。

 

生活カードのキャンセルの3つのステップ

 

生活カードのテレフォンガイドへと電話する

 

音声ガイダンスにしたがってキャンセルの申込み手順を進める

 

解約申込み手順完了したら、生活カードを処分する

 

ステップ1:生活カードのテレフォンガイドへ電話しよう

 

ライフカードを解約するケースのひとつめのステップは、ライフスタイルカードのテレフォンガイド

 

(ライフカードインフォメーションセンター)へと電話する事です。

 

ライフカードテレフォンガイドの電話番号045-914-7003(自動音声ガイダンス、受付時8:00〜23:00)

 

解約する場合には生活カードのカード番号なども必須となるので、手元にカードを提供しておくと

 

取り止めの申込み手順がスムーズになります。

 

電話番号はカードの裏面にも記載があります。

 

ステップ2:音声ガイダンスにしたがってキャンセルの申込み手順を進める

 

ライフカードのテレフォンガイドへと電話すると、音声ガイダンスが流れます。

 

このケース、「32#」を押すとキャンセルの申込み手順へと進む事ができます。

 

テレフォンガイドでは、オペレーター受付や後からご解説する活用残高や見所残高の見極めも行えます。

 

ライフカードテレフォンガイドで検証可能な事(一例)

 

サービス中身 サービス番号受付時間

 

カードのキャンセル 32# 8:00〜23:00

 

オペレーター受付(カード全般) 7# 9:30〜17:30

 

目下の使用残高ガイド 12# 24時間

 

サンクスポイント照会 41# 24時間

 

サンクスポイントチェンジ 42# 24時間 

 

「現時点での活用残高指導」「サンクス着目点照会」「サンクス秘訣チェンジ」といった項目は、

 

ライフカードの会員専門ページである「LIFE-WebDesk」からも参考にする事ができます。

 

電話オペレーターにキャンセルを引き止められないためには如何にすればいい?

 

ライフカードのキャンセルは普通に自動音声ガイダンスで済ませる事ができるなのですが、

 

次のような事例では電話窓口担当者との取り止め申込み手順が不可欠になります。

 

自動音声ガイダンスでキャンセルできない時使用残高が残っている事例

 

暗証番号が不明な時

 

カードが手元にないケース

 

ETCカードの契約がある事例

 

オペレーター受付ではカードキャンセルの引き止めがある見込みもあります。

 

「オペレーターとはあまり話したくないな…」という方は上述の項目に該当しないか

 

前もってに見極めしておきましょう。

 

ステップ3:キャンセル完了!

 

ライフカードの処分を忘れずに上述のとおり自動音声ガイダンスを進めていくと、

 

最後にカード番号を入力しキャンセル申込み手順は完了となります。

 

ライフカードの自動音声ガイダンスでは自動音声を最後まで聞かないとカード番号を入力できないため、

 

キャンセルまでにはわずか時がかかってしまいますが、オペレーター応対のカードと比べればスムーズさは歴然です。

 

カード応対のキャンセル申込み手順が終了したら、使えなくなったカードはハサミを入れてから処分しましょう。

 

青山ライフカード↓

 

公式サイト青山ライフマスターカード

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

青山ライフマスターカード

page top